Русский |

査証(ビザ)Q&A


1.ビザ申請人

Q ファクシミリやEメールによるビザ申請は,できますか。

A 査証申請に必要な添付書類の確認のため,直接窓口に出向いて申請する必要があります。

  遠隔地からの申請の場合などは,旅行代理店等を通じて代理申請するか,知人等に委任状をもって代理申請を依頼する等してください。

Q ビザ申請書は,ロシア語で記入しても良いですか。

A ビザ申請書は,サイン以外は,すべて英語で記入してください。

2.招へい人または身元保証人

Q 身元保証書や招へい理由書の宛名部分に在ウラジオストク日本国総領事と書きましたが,ハバロフスクの総領事館に申請できますか。

A 実際に申請する総領事館の名前を記入してください。

在ハバロフスク総領事館でビザを申請する場合は,在ハバロフスク日本国 総領事と記載して申請してください。

Q 親族・知人訪問目的の渡航の場合,身元保証人が提出する書類として「課税(所得)証明書,確定申告書控えの写し」が必要とありますが,どんな書類ですか。

A 市区町村発行の「課税証明書」または「所得証明書」(書類の名称は市区町村で異なります),税務署発行の「納税証明書」のいずれも「年間総所得の記載があるもの」(発行後3ヶ月以内)を提出してください。

 「確定申告書控えの写し」の場合は,税務署受領印があるもの,e-Taxの場合は,「受信通知」及び「確定申告書」を提出してください。

源泉徴収票や勤務先の会社で作成した年間所得記載の書類では申請出来ません。

Q 親族・知人訪問目的の渡航の場合,身元保証人が提出する書類として「住民票」が必要とありますが,一人暮らしの場合も世帯全員分の住民票が必要ですか。

A 一人暮らしの場合であっても,発行後3ヶ月以内の世帯全員分の住民票が必要です。

Q 身元保証書や招へい理由書などに申請人の名前をひらがなやカタカナで書いてもかまいませんか。

  また,一字ぐらい違ってもかまいませんか。

A 申請人の名前は,パスポートのローマ字表記と同じく記入していただく必要があります。